<< 黄金比(黄金分割)とフィボナッチ数への素朴な疑問。 | main | 信頼関係と法律。ビジネスや他にまつわるetc... >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

二律背反に追い込まれた時、あなたならどうしますか?



仕事をしていると、難しい状況に追い込まれることがあります。



経営者じゃなくても、会社とクライアントとか、上司と部下とか、いろいろな状況で、どちらも正しいが、どちらかを選択する必要性がある状況は、誰しもが経験することと思います。



そんな時、あなたならどうしますか?



私は、ある程度ルールを決めています。



私にとって、そういう状況とは、十分に考えても答えが出せない状況だと定義しています。つまり、自分の知識や思考では、答えが出せない=「悩む」ということです。



考えることなら、いくらでも時間を使いますが、悩むという状況は、あまり生産的ではないと感じています。



で、そんな時どうするか?



私のルールとは、

信頼できる人の意見を聞き、答えがしっくり来ていないくとも、それに乗ってみる。というところです。悩んでいるということは、どちらに寄っても「メリット・デメリット」の程度というか、答えを見出せないくらい比べがたい状況だということなので、であれば、誰かの意見に盲目的にしたがってみるのもひとつかと。



また、会社の代表として、

何かしら判断のつけ難い状況の場合、社員の意見を尊重したりもします。もちろん、その判断の責任は社長である私にあるのは理解した上で、社員の意見を推進してみたりもします。



ちょっとくらい、私と反対のことを推進するとしても、やはり、社員自身が決めたことを遂行するのと、上から押し付けられるのとでは、モチベーションが違います。



A級の戦略をテキトーに遂行するのと、B級の戦略を最高のモチベーションで遂行するのとでは、結果は後者の方が優れている場合が多いからです。もちろん、AとBが僅差の場合です。



生きていく上で、避けて通れない二律背反の状況。



しょっちゅう出くわすことが予想される出来事に対しては、ある程度自分でルールを決めておけば、単純に時間の節約になります。



さて、あなたならどうしていますか?
JUGEMテーマ:経営者クラブ


at 00:28, not for sales Incorporated株式会社, not for sales Inc.お仕事紹介系

comments(0), trackbacks(0), -

スポンサーサイト

at 00:28, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment









trackback
url:http://notforsales.jugem.jp/trackback/85