<< 社会貢献じゃないビジネスって何? | main | 二律背反に追い込まれた時、あなたならどうしますか? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

黄金比(黄金分割)とフィボナッチ数への素朴な疑問。



1 : 1.618・・・のあれです。

その比率が、最も美しく見えるとされています。だいたいの名刺やトランプなどの長方形も、近い比率で作られています。



フィボナッチ数列とは、1 1 2 3 5 8 13 21 34 55 89 ・・・のこれです。

ちなみに、55:89 = 1:1.618・・・ です。



詳しく知りたい方は、ウィキって下さいね。



個人の感性を駆使する「デザイン」という作業。論理と知識を必要とする「数字」を扱う作業。それが、黄金比では融合しているところが面白いですね。



デザインは自然がつくったもの。数字は人が自然に当てはめるために作ったもの。

ある意味、デザインにはまだまだ解明されていない神のルールがあり、そのルールを解明すべく、自然を理解するためにルール作りされたのが数学かもしれません。



しかし、どうして円周率(πパイ)にしても、黄金比(φファイ)にしても、割り切れないのでしょうか?



やっぱり、割り切れないのが世の中なのでしょうか?



われわれの扱っている数学のルール程度では、より高い次元のルールを解き明かすことはできないのかもしれません。何事も、理解を深めることは必要で、真実に近づくことは怠れないのでしょうが、低い時限の定義を用いて、高い次元の説明をすることは難しいのでしょうね。



それでも、知ろうとするのが人で、もし、限界に気づいた時点であきらめていたら、今の世の中は存在していないことでしょう。



果敢に努力した、先人達に感謝です。
JUGEMテーマ:アート・デザイン


at 18:40, not for sales Incorporated株式会社, 個人的な雑談。社会的な独り言とか。経済とか、政治とか、多分いろいろ。

comments(0), trackbacks(0), -

スポンサーサイト

at 18:40, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment









trackback
url:http://notforsales.jugem.jp/trackback/84