<< 【 FACE 】 PHaT PHOTO 8U グループ展4/22(水)〜4/26(日) | main | Webトップページをリニューアル中 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

カフェだったりカフェスタジオだったりギャラリーカフェだったり。

JUGEMテーマ:経営者クラブ




ひとつのビルをお借りして営業しています、not for sales Incorporated株式会社です。同じビルの1&2Fで、EMPORIOカフェダイニング駒沢通り学芸大学店という飲食店を運営しています。



3Fがスタジオでもあり、ギャラリーでもあるCAKE。(床も壁も天井も白い空間)



で、4Fがデザインというか、クリエイティブオフィスです。(デザインしたり企画したり)



不況のあおりが無い事はないですが、基本、右肩上がりでないと消えて行く運命の独立系ベンチャー企業ですので、こうしてブログを書いて公開できているという事は、なんとか頑張っているという感じでしょうか。



ベンチャー企業の鉄則というか、限りある資源を効率的に使うには、「選択と集中」であることに、なんら異論はありません。まったくもって、その通りだと思います。



でも、他社との競合優位性が、Aという事業でもなく、Bという事業でもなく、AとBとを関連付けできる事業であった場合、つまり、AとBとを関連付ける新しい事業であった場合、そこだけに資源を集中しても、実績も信用もないベンチャーの場合には、かなりの営業努力と運を求められるかと思います。



ということで、弊社としては、AもBも自社で展開しつつそれをつなげる新規事業を市場に投入する。というのを身を持って公開していく。という戦略を取っています。



それが、ちょっと多岐にわたっているという感じですが。



飲食・スタジオ・ギャラリーという事業も、それぞれに関連性が無いわけではなく、シナジー効果を期待できる。という考えに基づいて、ひとつの場所で展開しています。



簡単に言うと、リエンジニアリングの概念です。

Wiki

(高度に専門化され、プロセスが分断された分業型組織を改革するため、組織やビジネスルールや手順を根本的に見直し、ビジネスプロセスに視点を置き、組織、職務、業務フロー、管理機構、情報システムを再設計し、最終的顧客に対する価値を生み出す一連の改革。 )



我々の場合は、組織内のリエンジニアリングというよりは、異業種間のリエンジニアリング、という感じです。もちろん、出発点は「顧客価値の増大」です。



とは言うものの、例えば、カフェ事業、スタジオ事業、それぞれが単独の事業として成立させないといけませんし、その上で、それらの相乗効果を発揮させるためのアイデアや企画を考案し実行するための組織も必要とする弊社のビジネスモデルは、非常にリスキーだとも考えられます。



既存の業界で生き残っているそれぞれの事業(者)は、やはり、それなりに高度に専門化されているわけですので、そこに新規参入するだけでもベンチャースピリットを必要としますし、それらを複数同時に運営していく上に、さらに新しい付加価値を生み出す作業というのは、私が創業当時想像していたよりも、やはり、なかなかハードです。



それでも、「そこに価値がある。」という思いを持って、新しい事に挑戦していく事そのものは、非常に遣り甲斐があるとも感じています。



挑戦することにより、さまざまなものを失います。



それが想定している範囲かそうでないかに関わらず、挑戦し続けるために代償を支払う必要に迫られます。



それでも、挑戦できる環境がそこにあるなら、いろいろ失いながらもとにかく続けてみる。失うものが多くとも、挑戦から得られるものも、数多くありますから。



成功の定義は人それぞれだと思いますが、そのひとつに目標の達成があると思います。



最近になって思うのが、目標の達成のためのプロセスほど得られるものが多く、後につながるものは、他にないのではないか?ということです。目標を達成する前に、挑戦を辞めない人間は、半分くらい成功しているんじゃないのかな?と。



ということで、引き続きいろいろ挑戦していきたいと思っています。



nfsの代表取締役でした。



at 18:14, not for sales Incorporated株式会社, not for sales Inc.お仕事紹介系

comments(0), trackbacks(0), -

スポンサーサイト

at 18:14, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment









trackback
url:http://notforsales.jugem.jp/trackback/130